そこで生み出されたもの

JリーグにはJリーグ準加盟制度という制度があります。

そのJリーグ準加盟制度とは、Jリーグの管理や運営などをしている

社団法人日本プロサッカーリーグがJFLと呼ばれる日本フットボールリーグに

所属しているサッカークラブに対し、Jリーグの正会員と同じような資格を与える制度です。

現時点もしくは将来さまざまな条件を満たすであろうサッカークラブに対し、

Jリーグの理事会が審査を行っています。

日本フットボールリーグに参加しているほとんどのサッカークラブは

Jリーグへ参入したい希望を強く持っており、そこで生み出されたものがこの

Jリーグ準加盟制度です。

Jリーグへの入会資格を持っているサッカークラブ、それと同様のクラブ環境を持っている

サッカークラブを対象に準会員として認めることになりました。

Jリーグへの入会が認められるのは、日本フットボールリーグで2位以内に入り、

理事会の審査が特に問題がないと認められた場合入会することができます。

準会員クラブに対してJサテライトリーグ、Jリーグカップへの出場権が与えられます。

1996年以降、シーズン前のスケジュールが間に合わなくてJリーグカップへ

参加できないサッカークラブもあったそうです。